「住宅の基本は構造体から…と考えます」
高品質への4つの要素
1.最高の耐震構造
 2×4住宅は一般的に耐震に強いのですが、「BPU工法」は壁面一体(モノコック)枠組みパネル構造であり、パネルとパネルの頭部連結も独自開発の強化プレートを使用、一般の2×4住宅よりも更に強い構造なのです。
秘密 ① 秘密 ② 秘密 ③ 秘密 ④
足利工業大学との共同実験
 性能の確かさを実証するために、足利工業大学と共同で公開実験を実施。 耐震実験とパネル性能比較を行なった結果、従来の2×4工法に比べ大幅な性能の向上を認めました。 耐震実験では通常の2×4のおよそ3倍にあたる12tもの水平加重に耐えることを確認。またパネルの断熱性能比較ではALC+グラスウールの1.65倍もの断熱性能をしめしました。
2.スピード工期でコストダウン  
BPU工法のパネルには、サッシが組込まれ、壁パネルや屋根パネルに断熱材がぎっしり詰まったユニットパネルです。ですから構造躯体工事も3~5日で完成(基礎工事から完成までは45日の工程)。  現場での工程を削減、工期の短縮し無駄な現場コストの削減を図っています。だから工期は45日完成ができるのです。
※ラストップ仕様の場合よる
3.高断熱・高気密構造
壁パネル、屋根パネルには工場で断熱材(硬質発泡ウレタン)をぎっしり詰めてあり、高断熱性能であり、更に外壁パネルは特殊な構造となっており構造躯体工事が完成すると同時に高気密構造です。これらの性能は高く評価され、健康住宅であり、更に省エネ住宅として最適な構造といえます。
4.デザインは自由設計  
デザインはライフスタイルに合わせて自由にデザインできます。内装商品、外壁商品、色、形等、自由に設計することができます。